過払い金の定義

過払い金とは何でしょうか。


よくテレビのCMで放送しているのを見かけますからご存じの方もいるでしょうが、過払い金とは、借金に対しての返済で払いすぎた利息を含む金額のことです。
また、過払い金とはグレーゾーン金利とも呼ばれています。
利息制限法によって規定された金利は18%ですが、出資法により規定されている上限の29.2%の金利を取っている金融業者が多くありました。
しかし2010年に出資法による金利の上限が18%に改定されたため、その差である11.2%の金利が生まれ、この差額分をグレーゾーン金利と呼ぶようになりました。
一般的には、債務者が気づかずに余計に取られていた本来払うべき理由のない利息といってもよいでしょう。


そして、過払い金を払い戻してもらうことが、よくテレビのCMで見かける過払い金返還請求です。
これは裁判所が認めている債務者の権利になります。
過払い金請求では、払いすぎた金利を金融業者から返還してもらったり、相応分を元本から減額してもらうといったことを金融業者に依頼します。
過払い金返還請求をおこすことにより、デメリットが生じることは特にありません。


公的に名前を開示されることもありませんので、請求をおこさないことの方が、不要なお金を払いすぎたままというデメリットを担ってしまいます。
但し、法的には10年を経過した場合には過払い金請求は時効になってしまいます。


まずは、自分が金融業者から借り入れた借金が過払い金を含んでいるか否かについて確認しましょう。
その上で、過払い金があるならば迅速に過払い金返金請求を行うことです。


○特選サイト
過払い金返金請求を行う場合に弁護士に無料で相談出来るサイトです・・・過払い

Copyright © 2014 過払い金請求で変わる All Rights Reserved.